「Daily UI」とは?登録方法や準備するものまとめ

「Daily UI」とは?登録方法や準備するものまとめ

デザインの勉強方法といえば「良いデザインを見て真似をする」こと。天才ではないのでポンポンと思いつかないし、良いデザインであればどんどん取り入れていきたい。

そして、さらに重要なのはインプットとアウトプットのバランス。インプットしたものを適切な時にアウトプットできるように練習が必要。せっかく取り込んだのに出すべき時に出せないことほど勿体無いことはない。

僕は、TwitterYouTubeに「Daily UI(デイリーUI)」というものを投稿している。そんな「Daily UI」は僕が勝手に投稿している訳ではないく、実はメールでお題をくれるサービスがある。「Daily UI」の登録方法や必要な準備するものをまとめておく!

「Daily UI」とは

Daily UI」とは、土日を除く100日間の間メールでデザインのお題を送ってくれるというサービス。お題は、実用的なものが多く、100日間こなすとデザインスキルはアップするだろう。

Daily UI Web Page

メールはこちらから購読できるが、購読した時間に每日メールが送られてくる仕様。つまり日付ギリギリに購読してしまうと大変なので、早起きした朝などに購読しておくと安心だ。僕はまさに購読時間で失敗したので、TwitterやDribbbleでお題を調べている。

お題に沿って作品ができたら、以下のようにTwitterやDribbble、Instagramで「#DailyUI」をつけてシェアする。これをひたすら繰り返して100日間行う。

#dailyui #dailyui020

よーたさん(@yotalabo)がシェアした投稿 –

「Daily UI」のために必要なもの

「Daily UI」を始めるために準備するものは、まずはメールを購読すること。そして、デザインツールを揃える必要がある。

代表的なデザインツールをいくつか紹介する。1つ目は「Sketch」で、AppleやFacebookも御用達!僕も仕事ではメインで使っており、お値段は1ライセンスあたり年間99ドル。Macしか対応してないのも注意が必要だ。

近年はSketchを導入しているプロダクトが多いと感じているので、UIデザイナーを目指すのであれば惜しまずに投資すべき(PhotoshopやIllustratorと比べれば激安)。

Sketch アプリ アップデート情報

ただ、すべての人がそういう訳ではないのはわかっている。2つ目に紹介するのは「Adobe XD」だ。なんと2018年5月から無料でも使えるようになった。こちらは気軽に始められる上に、Adobeシリーズを使ってる人はスムーズに使い始められるのも良い。

Adobe XD

今回はデザインツールの記事ではないのでこの2つに絞った。個人的には有料だけど「Sketch」がおすすめ!なぜならプロも使う上にプラグインで機能を拡張できるから。さらに学生であれば半額で購入できるので、学生は学生のうちに使うとお得でしょう。

Daily UIを続けるということ

僕は、記事執筆時点で「Daily UI」をはじめてから25日が経過した。隙間時間にインプットをiPhoneで行い30分くらいでアウトプットをしている生活も、馴染んできた。100日間はとても短いようで長い。いかに時間がない中で、効率的かつ自分の許容範囲の作品を作れるかが勝負。

僕は、あまり公開されるこのとないデザインの作業風景を新たな試みとして「Daily UI」の100日間はYouTubeチャンネルに每日投稿している(ぜひチャンネル登録してね)。

個人で頑張るのもよし、仲間と一緒に始めるのもよし、励まし合いながらがんばりましょう!インプットもアウトプットは楽しいし、自信もスキルもつく素晴らしいチャレンジだと思う。興味がある人は始めやすい環境は揃っているので「Daily UI」を思い切って始めてみてはいかがでしょうか。

おすすめ:学割を活用してデザインは学生のうちに

Sketch

プロが使うクリエイティブツールは、学生に対して学割を提供しているものが多い。「Sketch」「Figma」「GitHub」の学割・学生特典を受ける方法を以下の記事にまとめてみたので、学生は活用すべし!

【学割】Sketchを学割価格で購入する方法(Sketch Education)
【学割】「Figma」のプロライセンスを無料でゲットする方法
【学割】GitHub Educationの申請とPrivateリポジトリを無料で使う方法